BLOGブログ

雪に備えるエクステリア

今年の雪・・・凄かったですね。
雪解けが進む昨今、OB客様から沢山のご依頼を頂いていますのが
雪害による補修や改修工事のご相談です。

例えば道路の除雪(普通はタイヤショベルで押しながら雪を両サイドへ押しやる除雪)で押し避け
られた雪が敷地内に侵入するので敷地内が雪で一杯になる。

なんてお困りごとも・・・
写真のお客様はその理由だけで塀を設置したわけではありまんが道路面との設置面が長いほどそんな
懸念もありました。

この様に塀を設けたことで以上の事には悩まされづにご自宅の玄関先や駐車場に積った雪を敷地内で
処分する事が叶います。

中でも一番多いご相談がカーポートの設置ですが、一般的な耐積雪
量は100~200㎝で一番人気は150㎝タイプですが実際に屋根に積もる雪の厚さではなくあくまでも新雪の軽い雪の堆積量ですので年に数回の屋根の雪下ろしが必要となります。横2台タイプの両柱タイプのカーポートは中心部が少し歪んだ等の情報もありますので時期地内の雪堆積場の確保という観点で設置には十分に吟味されることをアドバイスさせて頂いております。               
一方、割と見逃しがちなのが風除室の設置です。降雪地特有の建造物で雪の降らない地区にお住いの方からは『なんで?土の外に囲いがあるの?』と不思議に思い質問を受けます。設置によって高気密化住宅でも玄関廻りの寒気を抑えられますし冬の除雪用具を風による飛散から守れる、または宅配物を置いておいて貰える等々、特に今年は吹き溜まり等で家のドアが開かなくなるという今回の豪雪時には引き戸で対応がしやすくなる等の利点があります。     

以上の他にも降雪地特有の生活様式がございます。
限られた敷地の中で何が必要で何はない方がこんな利点もある!
兎角、エクステリ工事と申しあげますと『お住まい』の美観を整える事に神経が集中いたしますが
『お住まい』=生活の場!でもありますので今年の様な豪雪はそうそう来ないかと思われますが・・
降雪地での外回りは特に厳しい冬の生活の『し易さ』を考慮する事が大切かと存じます。

                        2021年3月31日(THE) Yukio Norikane