BLOGブログ

既設ガーデンのロー・メンテナンス化

おはようございます!
良いお天気の火曜日、朝日が気持ちE!!札幌市東区から
本日は既設のお庭を雑草が生えずらくなるお庭へコンバートしたケースのご紹介です。

Befoer:レンガテラスと植栽で構成されていた今までのお庭ですが気づくと!雑草が沢山!になってしまいました。

After:植栽を整理して人工芝をメインにスッキリ!ローメンテナンス化

お庭・外構を新調なさるお客様はもとより既にお庭をお持ちのお客さまから多くご相談を受けるのが
『雑草化』したお庭の整備です。
どんなに表面を覆おうと雑草は必づ生えてきますが生えづらく、管理を楽にすることはできます。

お庭の主役は『テラス』スペース、インターロッキングやデザイン平板、レンガ等を敷設することで雑草の生えづらい空間ができます。
*目地や建物脇からは在来種や飛来種の侵入等で雑草が生えますが管理がしやすくなります。
最早、ガーデンの定番:人工芝、此方もテラス同様の効果と弱点がありますが管理は楽になります。
今迄は植栽(生垣)があった裏家境界、傷んだ樹木を整理して植え替えを行い中央に弊社で人気のウッドフェンスを控え柱を利用してベンチも設置しました。
菜園・花壇も小スペースに集約しました使用しているレンガはもともとあった物を流用。リ・ガーデン工事の場合はなるべく前に庭にあったの資材を再利用する様に心掛けています。

折角新調したお庭も・・暫く放置すると瞬く間に『雑草』に支配されます。
それをご自身でコツコツと修復していくのも庭いじりの醍醐味ですが、なかなか時間や手間をかけることも難しいと思います。
そこで!リセット!新しく整えるとまた!お庭で過ごすことが楽しくなるはづ!
そんなお悩みをお持ちの皆さん、ご相談をお待ちしています。

                                       2021年4月6日(THU)
                                          Yukio Norikane