BLOGブログ

採光タイプのカーポート

おはようございます!
いよいよ3月も今日を入れて後、3日・・・2021年もアッ!という間に1/4が経過しようとしていますね。
今朝はエクステリア工事の定番『カーポート』について札幌市東区からご紹介いたします。

外構工事で以外にも大切なのがカーポートと物置の選択。
どんなタイプのどんな大きさの・・屋根の向きは?とお住まいの敷地面積や立地環境を考量したうえで
設置することをお勧めいたします。

玄関前にカーポートを設置した場合、冬の雪投げが玄関先と駐車場の1か所に集中するという利点もありますが、景観的に玄関先が暗くなり外構屋的にはお勧めしたくなかったのですが!
屋根かポリカーボネイト製のタイプを設置するとこの様に思ったより暗くならづに梁がないデザインもスッキリ!していて玄関先と床に敷設したペイパーが綺麗に映えます。

今やスタンダードなポリカーボネイト屋根の採光タイプのカーポート。
此方は業界初でリリースされた三共アルミさんの『スノースカイ』(現スカイリードZ)の道内初出荷で設置したお客さま宅です。
現在は片持ち柱タイプや、柱の数の少ないタイプと様々・・・貴方のお宅にふさわしいのはどのタイプでしょう?
外構・庭工事はトータルで・・・私達からのご提案です。

                                     2021年3月29日(MON)
Yukio Norikane